オナ電は視覚に頼らないセックス

私達はセックスをする時に、視覚に頼り過ぎている部分があります。
相手の裸をみたり、相手が気持ちよさそうな顔を見て興奮します。
ですが、オナ電の場合は、その視覚に頼る事が一切出来ません。

相手は電話越しなので、視覚はもちろん、触覚も嗅覚の情報も一切得る事が出来ません。
唯一得られる五感は、聴覚だけと言えます。
では聴覚だけで、快感を得る事は出来るのでしょうか?

普段のセックスでも、相手の喘ぎ声だったり、濡れた音だったり、ベッドの軋む音など聴覚によって興奮する部分はあります。
また仮に部屋でしている時に、隣の部屋の物音が聞こえてきたらどうでしょうか?
部屋の壁が薄いから、自分のセックス中の喘ぎ声も隣の部屋の住民に聞こえてしまうかもしれない。
声を出したらいけないと思うと、それはそれで興奮しますよね。

つまり何が言いたいのかというと、人は制限がつく事で他の感覚が研ぎ澄まられる事があるという訳です。
オナ電の場合は、聴覚だけという制限がつきます。
だからこそ音声への注目度合いが高まります。

普段は見えているので、自分の今の状態を説明するなんて事はする必要がありません。
ですが相手に見えないために、自分の恥ずかしい姿を言葉に出して、説明しないといけません。
そういう普段しないプレイが新たな興奮を呼ぶという訳です。

もちろんオナ電は全ての人が満足するとは限りません。
中には物足りない、やっぱり普通のセックスがいいと思う人もいるでしょう。
でもハマる人だっているはずです。
そして自分がハマる人なのか、そうでないのかは試してみない事には分かりません。

少なくとも普段は視覚に頼り過ぎているために、聴覚だけのセックスでいつもとは違う新鮮味がある事は間違いありません。

オナ電は一般の人はしない

あまり気軽に聞ける内容ではありませんし、仮に聞いたとしても相手が素直に答えてくれるとも限りませんが、オナ電をした事がある人は少ないと言えるでしょう。
一般の人は、セックスをしてもオナ電をしようとは思いません。

なぜかというと、一般のセックスの方がオナ電よりも気持ちがいいと思うからです。
そしてセックスが出来るのだから、あえてオナ電をする必要性がないと考えるからです。

また別に特殊な性癖という訳ではありませんが、なんとなくオナ電をするのはハードルが高いのです。
なのでオナ電人口がどれぐらい存在するのか正確な数字は分かりませんが、それほど多くないと言えます。

だからこそ相手を探そうとしたら、日常生活の中では不可能です。
そしてオナ電を欲しい人が集まる専用のサイトを利用する事になるでしょう。
ですがオナ電をしない人は、オナ電のメリットをあまりよく知らない人です。

したい時にいつでも出来て、お金も時間もかかりません。
安全性も高く、手軽に楽しむ事が出来るセックスですから、一般のセックスもするけれど、仕事が忙しくて恋人となかなか会えない時など上手に活用していけばいいのではないでしょうか?

最初する時には分からない事も多く、不安もあるかもしれません。
ですがあまり難しい事を考えず気軽に始めてみれば、オナ電にはオナ電独自の気持ちよさがあるという事に気づけるでしょう。

オナ電でリップサービスも重要

オナ電では相手の姿は見えません。
ですが、見えなくてもリップサービスは必要だという事を覚えておきましょう。
通常セックスをする時に、無言でセックスをする人は少ないですよね。

「すごく可愛い」「キレイだ」「好きだよ」など、多少リップサービスで相手を褒める事もしますよね。
そうする事で相手もテンションが上がり、気分よくセックスをする事が出来るからです。
そしてそれはオナ電でも同じです。

ですがあからさまに、お世辞だと分かるような褒め言葉では嬉しくありません。
なのでオナ電で容姿を褒めるような言葉はあまり嬉しくありません。
それよりも声を褒めてあげるといいでしょう。

「すごく色っぽい声で、聞いているだけで興奮するからもっと聞かせて」など効果的です。
またオナ電の相手とは匿名の相手で1回限りで終わってしまう可能性が高いと言えます。

ですが設定として恋人同士で、その場限りの疑似恋愛を演じてみてはどうでしょうか?
例え疑似恋愛であっても、名前を呼ばれたり、好きだとか愛していると言われると嬉しくなるものです。
要はテンションが上がった方が、オナ電自体を楽しめるので、リップサービスをどんどんしていこうという訳です。

映像の機能があれば見せ合いも楽しめる

見せ合いを楽しんでみたいという方も多いことでしょう。
しかしながら、初めての方などであれば「どのように流れを作ったらよいのか」などと不安な点もいくつか出てくるかもしれません。
そこで、ここでは見せ合いをスムーズにすすめるポイントなどについて触れていきたいと思います。

最初は普通の会話を楽しんでみよう

まず電話や通話がつながったら、いきなりエッチなやり取りをするのではなく普通の会話を楽しんでみてください。
逆の立場になっていただくと分かりやすいのですが、いきなり見せ合いでは興奮を高めることも難しいでしょう。
最初は他愛ない話や簡単な自己紹介などから始めてみてください。

徐々に会話をディープにしていこう

普通の会話を頼めるようになったら、少しずつエッチな会話を盛り込んでみましょう。
ここでポイントとなるのが「少しずつ」という点です。
もし、嫌がるようなそぶりがあったり口ごもったり黙ってしまうようなことがあれば話をシフトしてみるとよいでしょう。
上手に距離を縮めていく方法でもありますし、ムードや流れを作る方法ともいえるのです。

質問ばかりをしないようにしよう

相手のことを知りたいという気持ちが先走ってしまうと、いろいろと質問ばかりが増えてしまうという傾向が出てきてしまいます。
これは、相手の気分を下げてしまう事にもなりかねません。
ですので、自らのことを話してから質問をするなどというテクニックも取り入れてみましょう。
自分から率先して告白をしていくことによって、相手も戸惑いが少ない状態を作りやすくしてくれるのです。

手順は実際のセックスと同じ

実際に見せ合いに入る前段階としては、実際のセックスを思い浮かべるとスムーズでしょう。
徐々に盛り上げていきましょう。
もちろん、前戯も必要です。
こちらにおいては、言葉を用いて進めていきましょう。
くれぐれも上から抑えつけるような言い方をしたり、横暴な言い方をしたりはしないようにしましょう。
仮に自らの性癖があったとしても、急に見せるようなことはしないほうがスムーズに進めやすくなるでしょう。

ちょっとしたコツでうまく進められる

このように、段階を踏んで進めていただくことによってスムーズにそして満足度の高い見せ合いを楽しんでいただくことが出来ます。
自らばかりではなく「ともに気持ちよくなる」という事を忘れないようにするのが最大のポイントです。
盛り上がってきたら

見せ合いを楽しむにはやはり「お互いが楽しみあう」ということが最大のポイントとなってきます。
満足できる時間を過ごすためにも「盛り上がってきたらどのようにしていけばよいのか」という部分について知っておくことをおすすめしたいと思います。
そこで、ここでは盛り上がりから終わりの部分について考えていきましょう。

身体的興奮ばかりを優先させないこと

盛り上がってくると、どうしても身体的に興奮状態が高まってきますので独りよがりになりやすくなってしまいます。
ここで自分勝手な行為行動をとってしまうと相手の気分を盛り下げることにもなってしまい、結果として「良い見せ合い」とは言えなくなってしまうのです。
相手がどのような状態にあるのか・相手が同じように気持ちよさを感じているかどうかを確認していきましょう。
こうした確認行為もまた、より高い興奮を招いてくれるのです。

同時に達するような気持ちを持つこと

終わりの部分ですが、同時に達するような気持ちを持っておくとよいでしょう。
完全に同時にピークに達することは難しいかもしれませんが、そうした気持ちを持っておくことで近い状態へと導くことがしやすくなるでしょう。
それが難しいと感じる方は、相手がピークに達するように誘導していくのもポイントの1つです。
そうすることによって、自分の刺激にもなりますので、満足度の高い見せ合いをすることができるでしょう。

しっかりと伝えることも大切

口に出すのは恥ずかしいという方もいらっしゃるかもしれませんが、姿が見えない状態が基本ですので口で伝えていくことも大切です。
今、自分がどのような状態にあるのかなどを伝えていきましょう。
もちろん、相手のことについて聞いても良いのですが、聞きすぎには注意をしてください。

終わったらすぐに切らず余韻を楽しむ

見せ合いが終わったらすべてお終い。
ではなく、実際のセックスでいうところの「ピロートーク」を楽しむようにするとよいでしょう。
見せ合いにも多少は相性がありますので、もしピッタリの相手であればこのピロートークがまた次へとつなげることもしやすくなるのです。
気持ちよく終わらせるためにも、このような部分を気にしていただけたらと思います。

満足できる見せ合いをするために

今回は、盛り上がりが終わりにかけてまでの部分について触れていきました。
最初から最後までを楽しむことが興奮と満足を呼んでくれるのです。
見せ合いオナニーの体験談集

見せ合いを楽しみたいという方やもっとその世界に触れてみたいという方も多いのではないでしょうか。
そのような時、さまざまな方の体験を知るというのも良い方法かと思います。
そこで、ここでは幾人かの方の見せ合いの体験談をご紹介していきたいと思います。

初めての見せ合い

自分は見せ合いを先日、初めてしました。
見せ合いができるアプリを利用したのですが、相手は30歳の会社員をしているという女性でした。
彼女は何度か経験があるらしく、基本的にはリードをしてもらう事になりました。
言葉を伝えるのは少し気恥しいような気持ちもありましたが、興奮とともに大胆なことも言う自分が居ました。
こんなに楽しい時間が過ごせると思いませんでした。今ではすっかりその世界の魅力にハマっています。

寂しい夜には必ずしています

ふと寂しくなったり人恋しくなったりする私。
そんな時、アプリを通して見せ合いのパートナーを探しているんです。
何気ない会話から徐々に盛り上がっていくのですが、相手の息遣いが荒くなっていくのを聞いていると私も興奮してしまうんです。
寂しさも満たされることもできますし欲求不満も解消されて満足しています。

気軽に利用できるのが気に入っています

出会い系サイトで実際に会ってセックスをなどという大胆なことは自分にはできません。
しかし、彼女もいませんし欲求不満はたまっていくばかり。
そこで見せ合いを楽しむことにしたんです。
見せ合いができるアプリ経由であれば個人情報を知られる可能性もありませんし、顔を見られることもありませんから気軽に疑似セックスを楽しむことが出来るんです。
もちろん、性的な興奮も得られて自分にはベストの方法です。

誘われて初体験

私の見せ合いの初体験はサイトで知り合った人に「してみない?」と誘われたことでした。
慣れていませんし、エッチな言葉を言うのが恥ずかしい感覚もあったのですが一方で大胆な言葉を言えることが楽しいような興奮するような気持ちももちました。
以来、その世界が気に入ってしまい今では専用アプリをダウンロードしました。

今の私にピッタリです

結婚してからというものの、他の男性と接する機会もなく夫とはセックスレス。
家庭を壊さずに性的に満足できる方法はないかと思い見つけたのが見せ合いでした。
さまざまな男性とその時間を楽しみあえることや家にいてもやり取りできるのがお気に入りです。

体験談を通して見えること

このようにさまざまな方の声を聞いて見るとその人なりの楽しみ方があるという事がお分かりいただけたかと思います。
オナ電も見せ合いも制限があるからこその快感

オナ電とは電話越しにするセックスですが、果たして1週間あたりどれぐらいの人が何回オナ電をしているのか気になります。

個人的な意見ですが、セックスとは相手と肌と肌を触れ合わせて、相手の温もりを感じながら行うからこそ、気持ちよくなれると思いますので、正直、電話を通して声だけでとなると、快感を得られないような気がするのです。

しかし、もちろん人によっては直接体を重ねるセックスよりも、受話器越しにするセックスのほうが興奮するという人もいるはずです。

体験してみて分かる良さ

セックスの嗜好は千差万別、オナ電が向いていると思う人はそれでいいのでしょう。
一度、オナ電を体験してみるといいのかもしれませんね。
案外、思っていたよりもよかったと感じる人もいるかもしれませんし、また逆に、やっぱり直接絡んだほうが気持ちいいという人もいるでしょう。

仕事で忙しい人や学生で直接会うことを避けている人などから、オナ電は絶大な支持を得ています。

ホテル代を支払う必要がありませんし、必要なのは電話代だけですから、オナ電は比較的安価で楽しめるものと言えるでしょう。

個人的に一度メールのチャットを通してセックスをした経験があるのですが、セックスが文字で表現されるとそれなりに官能的でエロいなと思ったことがあります。

相手の声と表現力、そして自分の想像力を駆使すればオナ電を十分に楽しめるのは間違いありません。

メリットをよく知ろう!

オナ電は、相手と実際に肌を重ねてセックスしているわけではありませんから、それをデメリットということもできます。しかし、その反面、オナ電にはメリットがあります。

つまり、想像力を駆使して行う点ですが、その魅力を探っていきましょう。
イマジネーションを使いますから、当然、リアルではありません。

面識のない人ならわかりませんが、相手が恋人となるともちろん顔や姿を認識していることになります。

しかし、エッチなことを思い浮かべるとき、普通、相手をかなり美化して描くことが往々にしてあると思います。
したがって、オナ電では相手を実物よりも魅力的で理想的な女性に仕立てた上で、快感を得ることができるわけです。

ただ、声がNG・・・ということもありますが、たとえ声がタイプでなくてもそこまで問題にはならないでしょう。
ですから、相手が実際にタイプでなくても、それこそ満足できるエッチが実現できるのです。

あと、会話がメインになりますから、お互いの気持ちを探りながらコミュニケーションを図っていきますから、精神的な繋がりというか親密度が増すことにもなります。
例えば、恋人同士でオナ電をすれば、実際のセックス以上に、相手の心の動きに集中してプレイができるのです。

相手が求めている言葉、音、それは何か・・・。

そう考えてプレイすることになりますから、相手思いになり、プレイが終われば、依然より相手を身近に感じられるはずです。
会わなくても、お互いのことをちゃんと思える。
オナ電の最大の魅力は、この気持ちの部分が大きいのではないでしょうか。